泊まれる学校 さる小|猿ヶ京小学校スポーツアカデミー

泊まれる学校 さる小とは

校長より挨拶

この度は「泊まれる学校 さる小」のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。2008年3月に少子化に伴う統廃合により廃校となった猿ヶ京小学校でしたが、みなかみ町はじめ、多くの方々のご協力のもと2012年4月に「泊まれる学校 さる小」として生まれ変わりました。平成3年に地元の木をふんだんに使い新しく建て替えられた木造の校舎は、外観も校内も温もりと懐かしさを感じる事ができます。また、にぎやかな声が響くと廃校だった事を忘れさせてくれます。多くの方々に利用されることが学校本来の目的だと思っておりますので、宿泊にお越し頂いた方々、地域の方々、各世代の交流をはじめ、「泊まれる・遊べる・学べる」をコンセプトに地域の活性化を目的とした施設として積極的な活用を図っていきたいと思います。 泊まれる学校 さる小 校長:飯島健治

ロケーション

世界一の自立式電波塔、今話題の名所、
東京スカイツリーの高さは634m。
泊まれる学校さる小の校門高さも海抜634m。
校舎のある高さは海抜636mで東京スカイツリーよりほん少し高いところにあります。スカイツリーを見上げたその先に、泊まれる学校さる小があるかと思うと不思議な気持ちになります。東京から車で約2時間の群馬県みなかみ町で、自然に包まれ静かに佇む木造校舎。さる小は貴重な木造校舎をリーズナブルな料金で「合宿」「研修」「体験学習」などにご利用できます。

さる小の特色

  • 自然:緑が多く木々に包まれたさる小は空気がとてもキレイ。6月下旬~7月初旬にはホタルが飛び交います!
  • 低料金:みなかみ町廃校活用プロジェクト(みなかみ町)の協力により低価格を実現することが出来ました。
  • 協力:仲間とレクリエーションや料理など共同作業する事で、お互い協力しあう関係も築くことに繋がります。
  • 施設:宿泊施設にグラウンドを備えている場所は希少です。また、木造の校舎内は温もりに満ちた空間です。

天空ホタル

泊まれる学校さる小では、自然あふれる環境の一環としてホタルの育成に取り組みます。
6月下旬~7月初旬にかけてホタルが飛び交う小学校として
人間とホタルが共存できる環境づくりを行っていきます!

ホタルの1年

鑑賞のポイント

  • ホタルは19時頃から徐々に飛び始め20時台が最も多く飛ぶようです。
  • ホタルは風がなく生暖かく感じる、月明りもない暗い夜に多く飛ぶようです。また、風が強く、雨が強い日には飛ぶ数が減ります。

鑑賞の注意点

  • ホタルは強い光を嫌います。懐中電灯やカメラのフラッシュ等もお控えください。
  • 生息地が汚れるとホタルは棲めなくなってしまいます。ゴミは必ずお持ち帰りください。
  • ホタルの一生はとても短いのです。捕まえたり、連れて帰らないでください。

さる小の歴史

明治7年(1874年)開校してから134年の歴史を刻んだ猿ヶ京小学校は、木のぬくもり溢れる学校でした。
しかし、平成20年(2008年)に少子化を伴う統廃合により廃校となりました。

廃校から4年の月日を経た猿ヶ京小学校は「みなかみ町廃校活用プロジェクト」により、平成24年(2012年)4月から「泊まれる学校 さる小」として生まれ変わりました。

現在では豊かな自然生かし、スポーツ合宿・文化部合宿・発表会・イベントなど多くの人々が再び訪れるようになりました。